【保護者向け】小学校の英語授業で自信を持つ

こんにちは。

あさなぎ学園八潮校校長です。

今回は小学校の英語の授業を上手に乗り切る事をテーマに書きたいと思います。

まずは、小学校で行われている英語の授業はどんな内容か?

2020年度の教育改革で英語の授業が本格的に始まりました。

保護者の方は英語の授業と聞くとご自身が中学生の時に受けていた授業を連想される方が多いと思います。ですが小学校で行われている英語の授業は方向性が異なります。

イメージは英会話だと思ってくれるといいと思います。

国語もそうですが、言語を習得する順番は

1,聞く 2,話す 3,読む 4、書く

になります。

今の小学生は3年生4年生で1と2を中心に。5年生6年生で3と4を中心にと移行していきます

そうすると、保護者様は自身の経験から3と4を中心に考えられる方がいますが、1と2が出来ていないことに気づかない方もいます。

小学生が小学校の授業で自信を持って受けるためにも1と2もしっかりと出来ないといけないのです。

かと言って、1と2だけを延々と指導していてもいけません。

1,2,3,4をバランスよく。関連性をしっかりと把握し、その子に何が必要かを分析しながら指導を重ねることが大事になります。

英語を嫌いになる前に解決方法を模索していきましょう。

□□□□□□□□□□

八潮市大瀬3-5-23

048-954-4882(受付時間14:00~22:00)

担当:遠藤

皆様のご来塾・お問い合わせお待ちしております。

□□□□□□□□□□

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる