結果だけを見てはだめ。

こんにちは。

あさなぎ学園八潮校校長です。

本日は「結果を出す勉強方法」について少しだけ。

結論:他人が出題した問題を解けるようにする。

これが出来れば、定期テストでも模試でも入試でも点数をとれます。

Q:「じゃあ、それはどうすればできるの?」

A:「本人の弱いところを指摘するだけではなく

どのような手順で弱い所を解決するかを決める」

「氷山の一角」という表現もあるように

テストで結果を出している生徒は

「そこだけできればいい」

なんて思ってません。

色々なアプローチを検討した上で結果を出しているのです。

あさなぎ学園では一つ一つの教科を解決して点数を上げていく塾です。

「授業についていけない教科がある。」「苦手な教科がある。」

そのままで問題ありません。ですが、アプローチの種類を増やし点数は上げます。

私達はそんな勉強をさせています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる